大阪 心斎橋で人気の美容鍼灸 HARIS【3種類の目元のクマについて】

2019/10/04
くまの種類

こんにちは!
大阪の心斎橋にある美容鍼灸 美容整体
 HARIS(ハリス)の 院長Shimです。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

普段人と会っていると自分の顔の印象が相手にどう映っているかとても気になるものですよね。

 

少しでも元気に若々しく見られたいというのは誰もが思うことですが、

 

特に目の下にクマがあるとどうしても疲れて見えてしまいます

 

ファンデーションやコンシーラーで頑張ってカバーしても厚塗りになりがち・・・

 

今日は眼元の印象を左右する【クマの原因】と【改善法】をお伝えいたします。

 

実はクマには3種類もタイプがあるんですよ

 

 

1.青クマ

・ファンデーションやコンシーラーで消すことが可能

・目の周りを引っ張ってみるとクマが薄くなる

・睡眠不足や体の調子によってクマの濃さが変わる

 

 

 

2.茶クマ

・肌の摩擦

・紫外線による劣化

・目の周りを引っ張ってみてもクマが薄くならないタイプ

 

3.黒クマ

・40代から目の下のくぼみが目立ってくる

・目を酷使する(パソコンやスマホ)

・下まぶたが分厚い

 

↓   ↓   ↓

 

 

青クマは血行不良によるもの

毛細血管の通りが悪く、

静脈血が留まっている時間が長い。

 

 

茶クマはメラニン色素やコラーゲン糖化による色素沈着が原因になります。

 

 

黒クマ

目のくぼみの脂肪増加や眼球を支えている眼輪筋の弱体化によって起こります。

 

↓   ↓   ↓

 

血行不良の青クマに対しては目の回りを暖めたり、首のストレッチをして血流の改善を心掛けてください。

 

茶クマは洗顔の時に目の回りをゴシゴシ擦ったりせず、また紫外線から肌を保護をしましょう!!

 

黒クマ

長時間のパソコンやスマホ使用は控えていただき、意識的に目の疲労軽減を行ってください。

ホットタオルなども有効◎

 

美容鍼灸を行う際には眼の筋肉の血流を良くする、そして体へは凝りをほぐしたり、冷え性改善の鍼を行います。

 

また茶クマに対しては皮内鍼という特殊な小さな鍼でお肌の真皮層に刺激を加え、色素沈着した組織のターンオーバーを早めるようにします。

 

黒クマであるくぼみ対策脂肪燃焼を助けるための下まぶたへの鍼も有効です。

 

 

目元専用美容鍼【眼鍼®】は日本ではHARISでした行っていない特殊な鍼灸施術です。

目元のデリケートな部分への施術は高度な技術が必要なためです。

 

40代からでもケアをする時期に遅い事はありません。

表情の豊かさを左右する目元の印象

あなたも一度目元ケアに力を入れてみてはいかがですか?

 


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

HARIS(ハリス) 美容鍼灸 美容整体

〒542-0082
大阪府大阪市中央区島之内1-19-15 高吉堺筋ビル4階
アクセス:御堂筋線 心斎橋駅から徒歩6分
     長堀鶴見緑地線・堺筋線 長堀橋駅から徒歩1分
電話番号:06-6563-7949

【営業時間】
 平日 11:00~21:00
土日祝10:00~15:00

定休日:不定休


◇美容鍼の予約画面へ

https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/30349

 

◇HARISのGoogleページ

https://g.page/haris-acu/review

 

◇Instagram
https://www.instagram.com/haris_acu/


◇ホットペッパー掲載ページ

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000468538/