目元のくまにはいろいろな種類があるんだって!知られてないけど美容鍼が効きます/よくある問い合わせについて美容鍼灸 美容整体 HARISがお答えします。

2022/07/12
くまの画像

こんにちは!
大阪の心斎橋にある美容鍼灸 美容整体 HARIS(ハリス)の 院長Shimです。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

 症状別にランキング 5番目に多いのは・・・

クマです。

 

 

結構知らない人も多いのですが

実は目の下のクマには

いくつか種類があるのです。

 

 

そのクマの種類には、

・青グマ

・黒グマ

・茶グマという3つのタイプがあります。

なお各々のタイプによって発生原因が異なってきます。

 

美容鍼を行う際それぞれ発生原因の違うクマには、それらの理由を突き止め、それぞれに合った方法でアプローチすることによりクマを解消に導いていきます。

 

まずは鏡を見てご自身のクマはどれなのか見ていきましょう。

 

・青グマ(血行不良によるクマ) ※一番多い

睡眠不足・疲れ・ストレス・眼精疲労(PC/スマホ)などに過緊張からくる眼球周辺の血液の滞りが生じ、目の下が青く見える状態です。まぶた下に静脈血が長く留まっているので。

特に、目の下は他の部分より皮膚が薄くできていて、身体の血流変化などが透けて映ってしまいます。

HARISで行う美容鍼では、ストレス緩和や体や目の疲れをを軽減させる施術から。

後に目の下を直接刺激し、青く静脈血が留まっている部位の血液循環を改善し、青グマを解消していきます。

 

 

・黒グマ(たるみによる影)

目の周りの皮膚の弾力が失われたるむこと、

また目を囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)の筋力低下や、

側頭筋(そくとうきん)と

前頭筋(ぜんとうきん)の筋力低下によって、目の下にボコッとたるみ影ができてしまう状態です。

HARISで行う美容鍼では、たるみの原因となっている部位に直接鍼を打つことで皮膚のハリや筋肉の弾力(引き締まり)を取り戻し、黒グマを改善していきます。

 

 

・茶グマ(色素沈着によるクマ)

皮膚表面などの外皮の問題

皮膚炎・アトピーなどの症状が出た際、

乾燥や痒さのあまり目の下をこすったり、

メイクを十分に落とさないことによっておこる皮膚の色素沈着や皮膚の肥厚が原因で、目の下が茶色く見える状態です。

美容鍼では、色素沈着によってくすんでいる部分に直接鍼を打つことで、肌のターンオーバーを促し、きれいな肌に生まれ変わるようにします。

人によっては症状に応じて皮膚炎・アトピー治療などの根治を目指した施術を行う場合がございます。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


美容鍼灸 美容整体 HARIS(ハリス) 

〒542-0082
大阪府大阪市中央区島之内1-19-15 高吉堺筋ビル4階
アクセス:御堂筋線 心斎橋駅から徒歩6分
     長堀鶴見緑地線・堺筋線 長堀橋駅から徒歩1分
電話番号:06-6563-7949

【営業時間】
 平日 11:00~21:00
土日祝10:00~15:00

定休日:不定休


◇HARIS公式
https://haris-shinkyu.com/


◇美容鍼の予約画面へ
https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/30349


◇HARISのGoogleページ
https://g.page/haris-acu/review